RailsのViewをReactにする場合のお手軽な環境構築としては少し前ならreact-railsやreact_on_railsといったGemを使って統合していた。それもRail 5.1になってGem無しでもカンタンに環境構築が可能になった。もちろんGemを使えばそれらに付随する機能が使えて便利な面もあるが、「無しでもカンタンにできる」というのはありがたい。またRail標準としては「これからJavaScriptフォルダ配下のpackにReact関連コードを置きます」とかやられると、一応Rails標準というものを知っておいた方がよさそう。
ということでRails 5.1のwebpack (gem無し)を使ってReact, Redux, Material-UIの環境構築を書いた。

$ ruby -v
ruby 2.3.3
$ rails -v
Rails 5.1.1
$ npm -v
4.0.5

railsのバージョンが5.1であることを確認した後、rails newを--webpack=react指定で実行する。
実行後の出力結果を見るとwebpacktやらyarnがあることが分かる。

rails new myapp --webpack=react
 :
 :
Using rails 5.1.1
Using sass-rails 5.0.6
Bundle complete! 17 Gemfile dependencies, 71 gems now installed.
Use `bundle show [gemname]` to see where a bundled gem is installed.
       rails  webpacker:install
Copying webpack core config and loaders
      create  config/webpack
      create  config/webpack/configuration.js
 :
 :
$ brew upgrade yarn
success Saved 562 new dependencies.
├─ abbrev@1.1.0
├─ acorn-dynamic-import@2.0.2
├─ acorn@5.0.3
├─ ajv-keywords@1.5.1
 :
 :
yarn add v0.23.4
[1/4]