国内におけるジーンズメーカーの歴史


高畑縫製→ジーパンセンターサカイ→エイトジー
・1960年 12ozの藍染めデニムであるエイトジー制作。ブランド名は、縦、横糸に8番手の綿糸を使った8000番とされたデニム生地を使用したことから由来する
・1962年 高畑縫製が諸説あるものの国産ジーンズのパイオニアと有力視されている日本製ジーンズ「コーン・ポッパー」を制作
・1993年 ジーパンセンターサカイによるオリジナルのエイトジー(EIGHT-G)を発売
※高畑縫製在籍者だった酒井和隆氏がジーパンセンターサカイを立ち上げる


大石貿易→キャントン→ビッグストーン・ソルティドッグ→倒産
・1951年 大石貿易創業
・1961年 リーバイスジーンズの輸入、販売開始
・1962年 晴海の米国工業用品見本市会場で、リーバイスを縫うユニオン・スペシャルミシンと、キャントンジーンズの製作に多大な貢献をもたらす事になる高坂芳美と出会う。
・1963年 初の国産化ジ-ンズを目論む大石は、リーバイスと同じコーンミルズのデニムを仕入れに米国に発つが結果はキャントン・ミルズと契約。渡辺長三・千代子夫婦によってキャントンの試作品が完成する。しかし、発売当初は売れず、洗い加工を講じて爆発的に売れ出す。キャントンミルズ使用、国内縫製でリリース
・1965年 ソルティドッグブランドデビュー
・1966年 全国ブランドとなったキャントン、年産10万本を越えるようになり長野県に「長野デニム工場」を設立。
・1967年 渡辺長三・千代子夫婦が経営する伊勢崎市の「渡辺縫製」工場が、「東京デニム株式会社」として会社組織になる。
・1968年 ビッグストーンブランドでジーンズ発表。キャントン・ミルズの契約窓口であるターナー・ジョーンズから、キャントンのブランド使用料を払えとの要求が。大石はキャントン・ミルズ社との契約を破棄。そして、大石の手がけるジーンズの名が、キャントンからビッグストーンに変わる。生地も、リーバイスと同じコーンミルズ社の物が使われる。
・1970年 渡辺夫婦の東京デニム株式会社が宮城県に場所を変え、社名も「東北ビックストーン」に変更。ビックストーンの生産でフル稼働が続く。
・1972年 ジーンズ月産200万本という国内販売の中で、ビックストーンが、約2割を占めるまでに成長する。
・1975年 ビックストーンの売り上げが激減。東北ビックストーンの人員整理が強行に行なわれ、新聞を賑わす労働争論にまで発展。渡辺と大石は絶縁状態に。
・1989年 大石哲夫、死去。享年68。日本で始めて本格的な国産ジーンズを作った。
・1991年 キャントンのビンテージラインをスタート
※後に大石貿易後継者がBSユナイテッドにて鬼デニムを開発、その後、鬼デニムはBSユナイテッドからOSインターナショナルに移る


マルオ被服→ビッグジョン・WORLD WORKERS・ジョージアラブ・GL HEART
・1940年  創業者尾崎小太郎が縫製業を始める。学生服・ユニホーム・作業服を縫う
・1958年 終戦後アメリカから米国製中古衣料の販売を始める
・1963年 輸入自由化がスタートし、1964年秋に通産省岡田氏に接触。箱根から西はマルオ被服が生産販売権を持つという契約を大石貿易と交わし、翌年1965年2月に50反のデニム生地(キャントンミルズ社:アメリカ)が児島に届く。4月に国産ジーンズ第1号となるジーンズが児島で生まれる(CANTON ブランド/マルオ被服製)。10月には世界初となるワンウォッシュのジーンズを販売(家庭洗濯機数台による洗い加工)
・1964年 ビッグジョンブランドでジーンズを発表
・1967年  大石貿易のCANTONを縫製するのと並行して、コーンミルズ社(アメリカ)から生地を輸入し使用したBIG JOHNブランドが誕生(M1002 PROTO MODEL)。
・1968年  M1002 FIRST MODELが完成(同じくM2002ブーツカット・M3002スリム完成)。 洗い加工のビッグウォッシング導入
・1969年  カラーシリーズ「ROAD RUNNER」がデビュー。日本で初めてカラージーンズを生産発売。M4002ベルボトムジーンズを販売。一大ブームを巻き起こす。
・1971年 ユニオンスペシャルのミシンを導入し、巻き縫いによる縫製をジーンズに採用
・1972年  国内初のデニム生地「KD-8」をクラボウと共同開発。
・1973年  KD-8を使用したベーシックライン(Mシリーズ)が完成。純国産第1号となる。
・1974年 スタイル90ベルボトムリリース
・1975年  国内発のワークブランド「WORLD WORKERS」デビュー。アウトドアブームの先駆けとなる。
・1976年 ヘビーオンスデニムの先駆けとなった15.1/2オンスデニムを採用した「エクストラ」の発表
・1977年 「オールドシリーズ」デビュー。
・1978年 ストーンウォッシュを提案
・1979年 ハードな洗い加工を実現したW-ウォッシュを発表。ジョージアラブのブランドスタート
・1980年  世界初のムラ糸を開発し、力織機で織り上げた「レアジーンズ」が完成。のちのビンテージ・レプリカブームの先駆けとなる。
・1981年 GLハートを発表
・1982年  デザイン性に富んだ「LUCKY」がデビュー。のちの「SPANA」へと発展する。
・1983年 長時間ウォッシュの「H/Rウォッシュ」を開発
・1984年  Quality Comes Firstのリーガル理念を打ち立てる。日本人の体型と感性にフィットするジーンズ「スピリット」発表
・1986年 スパナを発表
・1987年 レディースブランド「ブラッパーズ」発表
・1989年  山口県平生工場が完成。生産体制の拡充を図る。
・1993年 ソフト体感「レフトハンドデニム」シリーズ発表
・1996年  天然染料やリサイクルデニムを使用した"JEANS REVOLUTION"キャンペーンを行う。
・1997年  職人の手仕事による「レアマイスター」を限定300本発売。予約で完売となる。
・1999年  ベルボトムやタイトストレートなどを復刻した「シャープフィット」発表。
・2002年  Dickies とのサブライセンシー契約を締結。日本における商品開発・販売を行う。UD874をローライズにしたUM874がのちに大ヒットする。
・2004年  ストリートスタイルに対応した「コシバキジーンズ」発売。
・2006年  内股にもう一本のステッチを入れた「Λステッチ」がデビュー。
・2008年  細みのシルエットに特化したコーディネートジーンズ「The Tailored」がデビュー。
・2009年  60年代のスリムジーンズM3002を現代版として昇華させた「M3」が発売。


常見米八商店→エドウィン

・1947年 前身である(株)TUNEMIが米軍衣料、US中古ジーンズを輸入し販売を開始
・1960年初頭 エドウィンブランドデビュー
ファーストモデルは359BFと名付けられたモデルで、タンギス綿という南米の綿を指定して織り上げた16オンスヘビーオンスデニムを使用。ワンウォッシュ加工を施しており、究極に頑丈でいながら、 柔らかく縮みの心配もなかった。
・1961年 エドウィン創業開始。日本で初めてデニム生地を輸入し、国産初のブルージーンズを販売
・1963年 ワンウォッシュを施したBFストレート発表、359BF発売
・1964年 カツラギスリム発表
・1970年 オーバーオール発表
・1972年 パッチワークを施したストロングジーンズ発表
・1974年 18種類のバギージーンズ発表
・1975年 サンドペーパーを駆使した中古加工、OLD WASHを発表
・1978年 レディースブランドのサムシングをリリース
・1980年 ストーンウォッシュを施したロンドンスリムを発表
・1983年 ヒップに適度な張りとシワがほとんど出来ないストレートジーンズであるアメリカンベーシックを発表
・1985年 エドウィンの米国法人、USエドウィンインターナショナル設立
・1986年 Leeジャパンを買収。アメリカのアイオワ工場でメイドインUSAの5ポケットシリーズを生産、販売
・1988年 ケミカルウォッシュが日本を始めとして世界的に大ヒット、同時にスリムが主流となる。体型に合わせたパターンシルエットを開発し、イタリアンスリム、フレンチスリムを発表
・1990年 USクラシックシリーズ発表
・1994年 ニュービンテージと銘打った「505」シリーズ発売開始。ソフトジーンズのリリースも開始
・1996年 359BF、「OLD WASH」の復刻リリース
・1997年 ベーシックジーンズのシリーズとして「503」発表
・2000年 東洋紡との共同でZYLONの開発
・2001年 ZYLON-503の発売、ジャパンテイストの「江戸勝」ブランド発表


内田被服産業→ドミンゴ→スペルバウンド・オムニゴッド
・1946年 縫製業開始
・1961年 法人化
・1971年 デニムライン生産開始
・1983年 長時間ウォッシュのユーズド加工を発表。当時としてはハイプライスの12800円を設定したがヒット
・1995年 レディースブランド「ドミンゴ」、メンズブランド「スペルバウンド」、ビンテージテイスト「オムニゴッド」デビュー


栄光商事→EIKO
・1960年 ジーンズ専門店EIKOオープン リーと代理店契約を結び、Leeジーンズの日本への輸入も開始


タカヤ織物→カクタス

・1963年 カクタスブランドデビュー


バイソン
・1964年 バイソンブランドデビュー
・1976年 アメリカ建国200年記念モデルの200シリーズをリリース


鎌倉被服→ブルーウェイ
・1967年 ブルーウェイブランドでジーンズをリリース


山尾被服工業→ボブソン
・1950年 山尾被服工業㈱設立。創業者はビッグジョン尾崎小太郎の実弟
・1957年 東レの指定工場になる
・1968年 ジーンズ製造に着手
・1971年 ボブソンブランドデビュー ファーストモデルはキャトルホーンの510
・1972年 ベルボトム550、スリム520がヒット R550は伝説のベルボトムと呼ばれる程の大ヒット
・1973年 社名を㈱ボブソンに変更
・1974年 ジーンズのカラー化という変革期に対応し、720カツラギカラースリムを発表。ライトオンスに加工を施したウォッシュアウト10発表
・1978年 ボンタンである205ワイドジーンズが大ヒット
・1980年 ソフトフレアーのエンゼルスフライトをリリースし、一世を風靡
・1988年 EC感覚5ポケットシリーズ「ボブソンプロ」展開開始
・1992年 レーヨンを使用した04ジーンズ発表。レーヨンジーンズブームを起こす
・1997年 誕生時のトレードマークであるキャトルホーンマークを起用したキャトルホーンシリーズ発表
・2000年 デニムの裏を使用した質感のある「裏デニム」シリーズ発表
・2009年 マイルストーンターンアラウンドマネジメント株式会社が出資する株式会社ボブソンへ事業譲渡。


港商会→東洋エンタープライズ→シュガーケーン

・1965年 操業開始、米軍駐屯地のPX(売店)にスカジャンなどを納入
・1975年 シュガーケーンブランドに本格的に取り組み、シャンブレーシャツ、ワークウェアを中心に展開
・1979年 シュガーケーンがレプリカの草分けとしてワークウェアを中心にリリース
・1988年 XXタイプのレプリカ「トラディショナル5ポケット」発表
・1997年 復刻に捕らわれないオリジナル企画の「M41119」発表し、話題となる
・2001年 砂糖黍使用のエコロジージーンズ、「シュガーケーン・ハワイ」、「シュガーケーン・オキナワ」発表


ラピーヌ
・1971年 大阪梅田に古着ショップ開店
・1988年 オリジナルジーンズ発表
※エビスの山根、フルカウントの辻田が在籍


UES
・1977年 創業


ストゥディオ・ダルチザン
・1979年 田垣繁晴、操業開始
・1982年 ブランドデビュー
・1986年 レプリカの草分けとなる耳付きジーンズ「DO-1」を発表
・1980年後期 ラングラージャパンがデザイナー田垣氏を起用し、アンティークラングラーシリーズを展開。その後、田垣氏はダルチを離れ、ヨーロッパにてBYEMR.Tブランドを展開


ナイロン
・1987年 オリジナルジーンズをリリース
・2002年 倒産したザ・リアルマッコイズ・ジャパンを辻本仁史が㈱ザ・リアルマッコイズ・インターナショナルとして引き継ぐ


ドゥニーム

・1988年 レプリカジーンズリリース、ビンテージブームの幕開け
・2005年2月 オリゾンティの1ブランドだったが、MBO(マネジメントバイアウト)で有限会社シンズが経営することになった。
・2005年4月 シンズが有限会社から株式会社に変わり、第三者割当増資の全株式を取得した株式会社ビスケーホールディングスが親会社となる
・2009年10月、株式会社ビスケーホールディングスから、古着やオリジナルブランドの輸入・製造・販売を手がける株式会社ウィゴー(WEGO)(ナイロン辻本株主)に株式会社シンズの事業が譲渡される。㈱ドゥニーム・ジャパン設立
その後、林氏は色々と別注等をプロデュースする他、後に自身で直接手がけるリゾルトを起ち上げる
※初期ドゥニームの林にエビスの山根がノウハウを教わる


ザ・リアルマッコイズ

・1987年 岡本博、フライトジャケットを手掛ける
・1988年 操業開始、フライトジャケットの復刻でデビュー
・1990年 ㈱ザ・リアルマッコイズ・ジャパン設立
・1993年 大戦モデルでジーンズ生産開始、「アルティメットシーカー」と表記された革パッチ付きのジーンズ販売
・1996年 デニムブランドとして「ジョーマッコイ」発表
・2001年 手形詐取が原因となり倒産
・2002年 ナイロンの辻本が㈱ザ・リアルマッコイズ・インターナショナルとして引き継ぐ
・2009年 ジョーマッコイ復活


トイズマッコイ

・1996年 旧リアルマッコイズ創始者の一人である岡本博が独立してデビュー。スティーブ・マックイーンのアクションフィギュアを制作
・2005年 トイズマッコイ独自のウェアブランドとしてスティーブ・マックイーンの正規ライセンス製品である『マックイーンクロージング』『マックヒル』『ベック』を発表。
オリジナルウェア以外にもトイ、ヘルメットなども含め様々なデザイナーやメジャーブランドとのコラボレーションも行う


ダズルインターナショナル→ドライボーンズ

・1988年 フィフティーズ、シックスティーズのデッドストックウエアと家具を中心としたラズルタズルをオープン
・1992年 ドライボーンズブランドスタート
・1995年 デザイナー武内陽明によってジーンズをリリース


シルバーストーン→グランドオールズ
・1990年 創業


エビス→山ちゃんジーンズ
・1988年 ラピーヌを抜け、ドゥニームの林からジーンズのノウハウを習得
・1991年 操業開始 辻田がカモメペイントを考案
・1993年 エビスジーンズが大ヒット
・1994年 ロンドンの雑誌に取り上げられ、欧州でも大フィーバー。
・1995年 EVISUJAPAN㈱設立
※フルカウントの辻田、ウエアハウスの塩谷兄弟が在籍


フルカウント

・1992年 操業開始
・1994年 ㈱フルカウント設立
※辻田がエビスを離れて独立


ガーデナー
・1987年 デザイナーの植木一郎氏がシステム・オブ・エンポリウムを設立。
・1995年 エビスやフェローズなど、豪華顔ぶれによって1997年にコラボレートレーベル・「テイク5」が結成されこのコラボデニムを作るために、デニムブランド、ガーデナーがスタートした。オリジナルジーンズを限定発売し、その当時としてはトップランクのできばえを誇ったジーンズとして話題になった。ブランド名は山根英彦氏がデザイナーの植木一郎氏の名字から、庭職人を意味するガーデナーとして名付け親となった。生産はエビス傘下の工場で行われ、旧力織機で織る14.5オンスデニムには縦糸に6番糸を用いている。
・1999年 活動停止
・2005年 再始動開始


志村→フェローズ/ストーミーブルー
・1991年 旧リアルマッコイズ創立メンバーの一人、志村昌洋が独立し、(有)志村設立
・1992年 ファーストモデル427Pをリリース
・1994年 40~50年代を忠実に再現した451を発表
・1997年 時代のニーズに合わせてルーズにシルエットをデフォルメした452を発表
・2009年 ワークウェアラインだったストーミーブルーをストーミーブルー/フェローズジーンズとして統合


ウエアハウス/ダブルワークス/ダックディガー/ヘラーズカフェ/カッパーキング

・1995年 ウエアハウスブランドデビュー
※塩谷兄弟がエビスから独立

現在、塩谷兄弟とトイズマッコイの岡本氏が手を組み、こだわり抜いた作品を年に1つリリースするというToolsというブランドを新たにスタート


ジョンブル→ソーイングチョップ
・1952年 創業
・1963年 設立
・1995年 ビンテージテイストを咀嚼した「ソーイングチョップ」ブランドスタート


ファブフォー→アルミキャスト→スカルジーンズ→ローデッド

・1994年 設立、社名はビートルズに由来
・1995年 オーナーデザイナー・山崎浩史が、オリジナルブランドとしてアルミキャスト展開
・1996年 スカルジーンズリリース
・2011年 ローデッドブランドスタート


キャピタル
・1985年 岡山児島で小さな町工場として平田氏が創業
・1995年 生粋の職人銘柄のファクトリーブランドとしてキャピタルブランドスタート


正藍屋→ピュアブルージャパン

・1997年 岡山の生地メーカー出身である岩谷健一氏によって設立


コレクト→藍布屋→桃太郎
・1992年 眞鍋寿男、洲脇将宏でデニム中心のテキスタイル会社「コレクト」設立。旧式力織機を5台購入し、自分達の手で納得のいくデニムづくりを始めた。
・1995年 レプリカメーカーへのデニム供給量で日本トップクラスとなる
・1996年 「藍布屋」設立 「本藍染工房 藍のぞき」開設
・2003年 本藍、手染め手織りデニムも販売開始
・2006年 オリジナルとして桃太郎ジーンズ販売開始


ハリウッドランチマーケット/ブルーブルー:代官山ファッションの祖
・1979年 ハリウッドランチマーケットが代官山に店をオープン
・1984年 ヴィンテージを再現したオリジナルデニムに着手
・1980年後期 XXをベースにアレンジしたPP-4の完成


ドープ&ドラッカー
・1994年 デザイナー坂田がブランド設立。また、設立時に力織機も1950年代のスクラップを海外で買い集め、分解して使えるパーツを組み立てて作った


塩田被服興業→アンレスピロ



坂本デニム㈱
・明治25年 創業 日本のインディゴの生みの親的染め屋


カイハラ

・1970年 自社でロープ染織の機械を完成させ、ロープ染織によるデニム織布を開始。


クラボウ
・1973年 国産初の14オンスデニム、KD-8を開発し、メーカーへの供給を開始。
・1985年 ムラ糸デニム開発


スチームロコモーティブ
・2006年 創業




各メーカーの著名人


国産パイオニア
・大石(キャントン)
・酒井(エイトジー)

OSAKA5
・田垣(ダルチ→BYEMR.T)レプリカの祖
・林(ドゥニーム→リゾルト)デニム界の神
・山根(エビス)大阪の御大
・辻田(フルカウント)山根の元弟子
・塩谷兄弟(ウエアハウス)成り上がり

マッコイ組
・辻本(ナイロン→ザ・リアルマッコイズ)
・岡本(旧リアルマッコイズ→トイズマッコイ)
・志村(旧リアルマッコイズ→フェローズ)
・安井(旧リアルマッコイズ→ブートレガーズ→フリーホイーラーズ)

岡山職人気質組

・岩谷(正藍屋)
・真鍋(藍布屋)
・平田(キャピタル)

初期岡山ジーンズ勃興の双璧
・尾崎兄(マルオ被服→ビッグジョン)
・尾崎弟(山尾被服工業→ボブソン)

その他デニム界の志士
・山崎(ファブフォー→アルミキャスト→スカル)
・野上(サムライ)
・坂田(ドープ&ドラッカー)
・植木(ガーデナー→テイク5)
・武内(ダズルインターナショナル→ドライボーンズ)
・福田(デニムワークス)
・本澤(ドクターデニム)



■補足
エドウィンは後に商社としてLEEの製品を企画・販売する事となる。ラングラーも同様。
キャントンミルズ:アメリカのキャントンミルズ社、大石貿易とビッグジョンが仕入れてキャントンブランドに使用する。


国内でのジーンズ事情、流行等

1960年 12ozの藍染めデニムである国産第一号のエイトジー制作
1961年 大石、リーバイスジーンズの輸入、販売開始
1962年 高畑縫製が国産ジーンズのパイオニアと有力視されている日本製ジーンズ「コーン・ポッパー」を制作
1963年 キャントンブランドでジーンズ製造開始、キャントンミルズ使用、国内縫製でリリース。また、繊維生地輸入自由化の年であり、この年以降様々なブランドがデビューする。ビッグジョンは箱根から西はマルオ被服が生産販売権を持つという契約を大石貿易と交わし、翌年1965年2月に50反のデニム生地(キャントンミルズ社:アメリカ)が児島に届く。4月に国産ジーンズ第1号となるジーンズが児島で生まれる(CANTON ブランド/マルオ被服製)。10月には世界初となるワンウォッシュのジーンズを販売(家庭洗濯機数台による洗い加工)。エドウィンはワンウォッシュを施したBFストレート発表、359BF発売
1978年 ボンタンブーム
1980年 ビッグジョンで世界初のムラ糸デニムを開発、力織機で織ったレアジーンズが世に出る
1986年 ダルチザンの耳付きデニムが世に出る
1988年 ケミカル、スリム主流の中、ビンテージブームの静かな幕開け
1992年 ソフトジーンズブーム
1993年 エビスブーム
1995年 レプリカ、復刻ブーム幕開け、この年以降、様々なレプリカラインのブランドがデビューする
1997年 各社復刻からオリジナル路線への展開となる幕開け

色落ち、色み、生地の趣向の流れ

ケミカル系→青味の強いストーン系→ユーズド系(水色)→メリハリ系→鬼ヒゲ、ハイコントラスト系→ケミカル、ストーン系

【80年代前半】
ケミカルやアイスブルーの薄い色味全盛

青味の強いストーンからリンス等の濃い目全盛

古着等により、部分的な色落ちによるユーズド色全盛

【90年代前半】
より色の濃いユーズドからヴィンテージの様な縦落ちを伴った物への渇望

濃淡のハッキリしたユーズド色への渇望

レプによるメリハリ、鬼ヒゲ系の作成を目指す穿き込み概念

【00年中期】
復刻度からオリジナル路線への転換と許容、過剰なヘビーオンス等の台頭

加工物、ダメージ加工物等への抵抗が薄れ、ファストファッションへ

色落ちさせず、生デニム、ワンウォッシュの濃紺維持の概念

ケミカルやストーンの様な80年代の青味の強い物への憧れ

よりナチュラルで自然な色落ちへ

このノートのライターが設定した関連知恵ノート

  • ジーンズの各ブランドを分類