海面漁業による魚の原産国は、漁獲した船の船籍(漁船の戸籍)によって決まります。日本の船籍をもつ漁船が漁獲した魚は、原産国:日本と表示されます。我が国の200海里内だけでなく、操業許可を得て他国の200海里水域内で漁獲した魚や、公海での漁獲物も原産国:日本と表示されます。世界の海はつながっていても、漁船は国別に登録されているためです。